生理前に便秘になるのはなぜ?便秘との関係とは?

“生理前になると便秘になってしまうという女性はとても多く、苦しい数日間を過ごさなければならなくなります。これは生理周期に合わせて変化する女性ホルモンが影響を与えていて、数多くあるPMSの症状の中の代表的なものとなっています。
約1カ月周期でプロゲストロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンが分泌量を大きく変化させます。このホルモンの変化によって排卵が起こったり、妊娠しなかった場合に生理が引き起こされます。
生理前になると2つのホルモンのうちのプロゲストロンの分泌量が多くなる時期に入ります。プロゲストロンの影響は受精卵が着床するまでは子宮の動きを抑えて受精卵が着床しやすくする働きがあるのですが、その働きがすぐそばにある腸にまで影響を与えて便をスムーズに運ぶ蠕動運動を弱めてしまいます。さらにプロゲストロンは妊娠した時の準備として、排卵日が終わってから生理が始まるまでは身体が体内に水分をため込もうとしてしまいます。その働きは腸の中の便にまで及び便の水分まで吸収してしまいます。便が固くなった上に蠕動運動が弱まってしまったことで、便がスムーズに腸の中を移動できなくなってしまうというものが生理前の便秘の大きな理由です。もともと水分摂取量が少ない人や腸の動きが鈍い人はさらに便秘になりやすくなってしまいます。便が排出されないのでお腹が張ってしまったり、肌荒れが起こるなどのトラブルまで引き起こしてしまいます。ほとんどの人は生理が始まると身体も水分をため込むことをやめるので便に水分が吸収されやすくなり、さらにプロゲストロンの影響力が弱くなるので腸の蠕動運動も活発になって便秘が解消されて行きます。
この時期に起こる便秘は生理があり続ける限りは必ず起こる女性ホルモンの変化が原因となっているため、根本的な解決方法はないと言われています。対処法としては腸内環境をよくして腸の蠕動運動を活発にする働きがある乳酸菌を含むヨーグルトや便に水分を与えるために水分を積極的に摂取したり、腹筋を行って腸が動くようにするなど身体の内側と外側からアプローチを続けていくことで便が腸の中をスムーズに動くようになります。何をやっても改善しない、苦しいという場合には薬に頼ってみましょう。常用し続けると癖になり、飲まなければ排便できないという状態になってしまいかねませんので、どうしても苦しい時の最終手段としておいた方が良いでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です