便秘が慢性化している人の便秘解消法

df134_l慢性的な便秘に悩んでいる人の中には女性のケースが多く、腹筋の力や女性ホルモンの影響を受けやすいことから便秘になることがあります。ホルモンバランスが変化したり、働く女性の場合は仕事のストレスや運動不足、偏っている食生活が原因で便秘になることがあります。慢性的な便秘かどうかを自分自身である程度まで判断する場合には排便の頻度ではなく、毎日の排便時に不快感があるかどうかを考えます。毎日排便していたとしても、残便感があるときには便秘の可能性が高くなります。反対に排便の頻度が1日から2日置きでも、不快感が無い場合なら問題がないケースもあります。慢性的な便秘解消を促すためには食生活の見直しや定期的なエクササイズ、生活習慣の改善がポイントです。水分と食物繊維を積極的に摂って、適度な運動と規則正しい生活を意識することで腸のリズムを改善します。

ストレスも原因になることがあるので、ストレスを感じたときには自分なりのストレス解消方法を見つけて、適度に解決出来るようにします。場合によっては大腸がんや大腸ポリープが原因で便秘になっていることもあるので、改善策を行ってみても改善しないときには医療機関に相談します。
朝は1日でも便意が起こりやすい時間帯なので、時間や食欲がないときでも少しでも何か食べるようにします。何か食べると腸に刺激を与えることが出来ることがあるので、乳酸菌が入っているヨーグルトや野菜が入っているスープを食べるようにします。お肉を食べ過ぎてしまうと便を硬くする原因の一つになることがあるので、お肉を食べるときには必ず野菜も摂るようにします。野菜はお肉と同じ量か、それ以上を摂取するようにします。調理に使う油は便の滑りを促すオリーブオイルを使って、腸の動きをサポートします。コーヒーや紅茶などカフェインが含まれている可能性がある飲み物はなるべく控えて、常温のお水か白湯を飲みます。便秘に使えるお茶を比較するサイトも参考にしてみてください。

コーヒーや紅茶は利用作用が働くこともあるので、腸に水分を補給するためにもお水や白湯を飲むようにします。運動不足は排便の動きを鈍らせてしまうことがあるので、日常生活の中に運動を取り入れます。駅や社内ではエレベーターを使わずに、階段を使うなどして意識的にでも身体を動かすようにします。忙しくて時間が無いときにはお腹をマッサージをして、腸に少しでも刺激を与えるようにします。マッサージをするときには手をお湯につけて温めたり、さすったりして温めてから行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です