便秘の悩み解消:適度な運動

女性にとって、便秘は身近なお腹のトラブルです。どなたも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
女性は、骨盤が広く、腸が骨盤の中に落ち込んでしまっているため、便が長時間滞留しやすい構造をしています。そして、女性は腹筋などの筋肉が薄いため、便を排出させる力が弱く、便が腸内に残りやすいのです。
放置しがちな便秘ですが、便秘はお腹のハリだけではなく、肌荒れや体の不調にまで影響を及ぼします。数日、便が滞っていると感じたら、すぐに対処しましょう。
その解決法は、規則正しい生活、バランスの摂れた食生活、そして適度な運動です。
年齢や、普段の生活においての身体活動のレベルにもよりますが、具体的には息が弾み汗をかくくらいの運動を毎週60分行うのが良いとされています。週に一回まとめて行うのではなく、毎日少しずつ運動量を重ねていくのが理想的です。
激しい運動は必要ありません。通勤の際には一駅前で降りて職場まで歩いたり、エレベーターやエスカレーターではなく階段で移動するなど、日常に運動を少しプラスするだけでも、便秘の解消に十分な効果を発揮してくれるでしょう。家事を主に行っている方は、スーパーまでは徒歩移動するなど、出来ることから取り組めば良いのです。
また、正しい姿勢を保持するのも、便のスムーズな排出をサポートするうえで欠かせないことです。
猫背や歩き方が不自然だと、腸がその他の内臓に圧迫され、余計に便が滞ってしまいます。
頭のてっぺんを常に糸で吊り上げられているようにイメージをし、耳、肩、くるぶしを一直線で結ぶことが出来るようにまっすぐと立ちます。これが正しい姿勢です。顎を引きながら、膝を伸ばして歩き、かかとから自然に着地するのが理想の歩き方です。いつもより少し早めに歩くことを意識しましょう。正しい姿勢と歩き方を習慣化すれば、排便に役立つ筋肉が効率よく付きます。
また、マッサージなどで皮膚の上から刺激を与えることで、腸の働きを活発にすることも出来ます。
あおむけの状態で、お腹を「の」の字にマッサージします。腸は時計回りの様に曲がって肛門まで届いています。その形に添って、優しくマッサージを行います。およそ30週すると良いでしょう。お腹を冷やすといけないので、室温は寒くならないようにキープしましょう。
上記を参考に、体を動かすこと、姿勢、マッサージを継続しながら、毎朝快調を目指してスッキリな日々を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です